体の不調は
医師の治療を受けて治そう

原因

どもりの原因が現代になってもあまり明確になっておらず、はっきりとした診断はできません。そのために苦しんでいる患者さんが多いのも事実なのです。戦後までは緊張などによって引き起こされると考えられており、実際に緊張した状態にあると慢性的に吃音でもない人間も言葉につまったり支離滅裂になったりすることが多いです。確かに吃音の症状を抱えている人も緊張や不安などが重なると症状が強くなることがありますが、それが全ての根本的な原因ではないのです。
転換の症状を抱えている人もこの吃音症状に悩まされやすいといわれています。脳の機能障害ではないかとは考えられているものの、明確にそうだと断言できるだけの証拠もありません。吃音を抱えている両親から生まれた子供は吃音になりやすく、遺伝的な要素も関係しているのではないかといわれていることもあります。
中には体には何の問題もないものの、幼少期のしつけやトラウマが原因となったことで吃音の症状が強く出てしまう、残ってしまうというようなこともあります。まれではありますが、聞き手を強制的に変更した場合にも吃音の症状が出てしまうことがあります。主にどもりの症状は子供の頃の成長環境が影響していることが大きく、いわゆる虐待やトラウマや恐怖心の植え付けが決定打となっている人も多いです。
これらの精神的な問題が原因で吃音になっている人の場合には、カウンセリングや話すことへの恐怖心をなくすようにすれば状況が改善することもあります。
何にせよその人がどうして吃音症状を抱えてしまっているのかは医者でなければ判断できません。病院で診断を貰わなければ、正確な治療期間で病気を治すことすらできなくなってしまいます。
症状は放置しているとだんだん酷くなってしまいますから、そのような状態になる前に早急で円滑な治療が可能となるようにして下さい。